アライラボのロゴマーク

アライラボ ロゴ

LINE TRANS

特 徴


1. トランスのバンドパス効果で超低音域のフラツキ、超高音域のノイズが減少し低域の安定感、高域の細かなニュアンスが再現されます。


2.CD 等デジタル音源が滑らかになり、音の厚みが増し、 艶、冴が際だって良くなりアナログ音源に近づきま す。
また、アナログ音源のときはその良さが増々向上します。


3. 各音域のダイナミックレンジが向上して、ライブ感が増し立体的な音になります。



あの感動が再び あの感動もう一度


レガシーな設計概念に基づきながらも変革的なライントランスを完成させたい! 身勝手とも言える想いの中から作品を突きつめると、こうなりました。 丁寧に数十工程掛けたトランスの製作、手作りすることで生まれる格別の高音質、高性能、マニア待望のハイレゾ対応ライントランス完成。



理想的なトランスの条件


1. 平坦で広帯域な周波数特性であること
  (音の拡がり、空気感、分離、明瞭感の向上) 10Hz ~ 1MHz までフラット

2. 低い1 次直流抵抗値であること(音の伸び、ヌケの向上)
  一般値はインピーダンス 1/10 ~ 1/20 に対し1/50 以上を実現

3. 高いQ値(コイルの品質係数)を実現すること
  (コイル品質係数=ωL/R 音の冴え、キレの向上)
  一般値3 ~ 8 に対し30 以上を実現

M-OTL STEREO POWER AMP

オーディオ機器はトランスが決め手!!


各有名オーディオ誌(註1)において絶賛された当社のMCトランス MT1 の技術を惜しみなく投入し、完成したファインメットコアを使用したマッチングトランスを採用しています。
 アライ・ラボの誇るトランス技術は世界的に見てもこれに比肩するものはなくまた、これを内蔵した超高性能M-OTLアンプの完成はオーディオマニアには試作品の段階から話題になっていましたものをさらにリファインしここに販売を開始いたします。

超高性能なマッチングトランスの実現には設計開発の力だけではなく、実現するための優れた加工機器と高度な加工技術に加えサブミクロンをコントロールする職人芸とも言える感覚が必要で、アライ・ラボにはその全てが揃っています。


(註1)
 ●MJ無線と実験 2016 7月 No.1121 10p-11p ●Stereo 2016 7月 80p ●Stereo Sound 2016 Summer No.199 430p-431p
 ●analog 2016 Summer vol.52 96p-97p ●Stereo Sound 2016 Winter No.197 416p

return